スマホ・タブレットやPCは、
文房具である。

一生涯、使うもの。
使うなら、
賢い使い手になろう。

2020年
教育の情報化が始まる

2019年

2018年


代表挨拶

これからの時代の、
新しい「ものさし」をすべての人に。

ITインフラが発達し情報があふれる現代、そして将来において、
わたしたちもそれにうまく対応していく必要がありますが、
現状ではその知識と経験が十分ではないと言わざるをえません。

家庭や教育現場におけるプログラミング教育や
IT機器の活用などメリットから、
フェイクニュースの蔓延、
SNS上でのいじめ、
スマホ依存などの社会問題まで。


様々な情報を自分なりに消化し、賢く活用するには、
判断基準となる「ものさし」が必要。

それが、「メディアリテラシー」なのです。


メディアリテラシーをもって
情報をインプットし、
それに基づいてアウトプット(行動)することこそ、
より良い人生を形成すること
と考えます。


その人にしかない人生を形成するために、
その人しか持つことのできない、
判断の「ものさし」を手に入れること。

そのためにわたしたち協会は、
様々な活動を通して尽力していきます。


一般社団法人日本メディアリテラシー協会
代表理事  寺島 絵里花

わたしたちは、SDGsの達成に貢献します

わたしたちは、メディアリテラシーやIT技術等を活用した新たな可能性を模索し、幅広い層に学ぶ機会を提供することで、2015年に国連サミットで採決された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs : Sustainable Development Goals)」に貢献します。
アジェンダ4
「質の高い教育」
これからの情報社会において最も重要であるにも関わらず現在十分とは言えないIT、IoT、プログラミング教育等について、その知識と理解を得るための機会を提供します。また、「最も重要な教育は家庭教育である」との信念のもと、特に幼児~小学生のお子様をお持ちの保護者に対し、家庭教育の在り方を提示します。
アジェンダ5
「ジェンダー平等」
子育てする女性にとってボトルネックだった男性優位な働き方(正社員雇用、フルタイム勤務を前提とした働き方)も、IT技術、ITインフラを活用することで大きく変えることができます。
男女関係なく社会に関わり貢献できる社会を目指し、その可能性や手段を提示していきます。
アジェンダ8
「働き方と経済成長」
日本のこれからの経済成長の大きなファクターは、「女性活躍」です。IT技術・インフラを活用して、時間や場所に縛られずに自己実現や社会貢献をする可能性や手段を追求します。
それが経済成長につながり、社会貢献につながると考えています。
アジェンダ8
「働き方と経済成長」
日本のこれからの経済成長の大きなファクターは、「女性活躍」です。IT技術・インフラを活用して、時間や場所に縛られずに自己実現や社会貢献をする可能性や手段を追求します。
それが経済成長につながり、社会貢献につながると考えています。

主な活動概要

セミナー・イベントの開催
メディアリテラシーを養うために、さまざまなセミナー、イベントを開講しています。「辞書引き学習法」の深谷先生や、「情報カルタ」の田中様(株式会社NEL&M)とのコラボ企画も実現。

イベント・セミナー等に関しては、こちら
New
代表のブログ・メルマガ
研究を進めているメディアリテラシーに関する情報のほかに、3人の子供の家庭教育に関する情報、海外の教育事情などを、ブログやメルマガを通してお届けします。

代表のブログは、こちら

代表のメルマガ登録は、こちら
アドバイザー養成講座
講座を受講し、実践の場を経験することで、メディアリテラシーアドバイザーの育成を目指します。
出前授業、企業研修
①国や地域によって異なる教育事情を踏まえ、世界中の教育機関に、出前授業を行っております。
これからの社会を担う子供たちへの教育を重視しています。

②企業で人材育成におけるSNSとの付き合い方についてや、
個人で発信する場合においての懸念点や活用法など倫理観をもった活用方法についてお伝えしております。





お問い合わせ

イベントや取材のご依頼、その他各種お問い合わせやご意見などは、以下のフォームからお願いします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信